日本カメラ博物館 特別展『平成のカメラ展』開催のお知らせ

日本カメラ博物館では、2019年3月19日(火)より

特別展『平成のカメラ展』

を開催します。

******************************************

今年の4月30日をもって平成は終わりを告げ、新たな元号が始まります。

平成は、日本の社会にとってさまざまな出来事を経た30年となりましたが、写真やカメラの世界とそれらを取り巻く環境においても、その歴史始まって以来最も大きな変化を遂げた30年であったと言えるでしょう。

1839(天保10)年にフランスで実用的な写真術が発表されて以来主流であった銀塩写真ですが、1980年代後半から90年代になると、電子記録方式のカメラが急速に実用化と発展を遂げ、2002(平成14)年には生産台数でデジタルカメラがフィルムカメラを追い越すまでとなりました。

その後、カメラは「一家に一台」から「一人一台」の時代となり、さらにフルサイズ画像素子やミラーレスカメラの発売、カメラ付携帯電話やスマートフォンの普及、それにともなうカメラへの接し方や撮影、保存、観賞方法に至るまで、過去にない大きな変革を遂げました。

今回の特別展では、カメラ史の大きな変革期であった「平成」に登場した数々のカメラを展示・紹介し、平成におけるカメラ技術の変遷を振り返ります。

《展示予定より》

キヤノン EOS-1/コニカ A4″ビッグミニ”/カシオ QV-10/フジフィルム instax mini 10”チェキ”/ニコン D1/シャープ J-SH04/コンタックス N デジタル/リコー GRデジタル/パナソニック LUMIX G1/オリンパス PEN E-P1/ソニー α7s 他 (カメラ・写真用品等展示点数約200を予定)

******************************************

○開催期間2019年3月19日(火)~6月30日(日)

○開館時間:10:00~17:00

○休館日:月曜日 (月曜日が祝日の場合は翌火曜日休館)

○入場料:一般300円 、中学生以下無料/団体割引(10名以上) 一般200円

○所在地:東京都千代田区一番町25番地 JCⅡ一番町ビル (地下一階)

▶︎日本カメラ博物館および特別展詳細はこちらよりご確認ください

******************************************