新着中古情報 #31

数少ない6×9フォーマットの中判カメラ、『富士フイルム GW690Ⅲ』が入荷いたしました。

GW690Ⅲは1992年発売。GW690シリーズの最終モデルとなります。

GW690/GSW690シリーズ(とその前身であるG/GLシリーズ)は、高画質・高解像度を必要とする集合写真撮影での使用を前提として作られたカメラで、業務用として多くの町の写真館やプロカメラマンに愛用され、ロングセラーシリーズとなりました。

35mmレンジファインダーカメラをそのまま大きくしたようなスタイリング。

露出計非搭載、シャッターは機械式レンズシャッターで、電池いらずです。

レンズは「EBCフジノン90mm f3.5」を搭載。

このレンズが、集合写真でも一人一人の顔をしっかりと見分けられる高解像度を生み出します。

底部にはフィルムカウンターとは別に、総撮影枚数が表示されるカウンターが搭載されています。「カウンターの数字×10」が総撮影枚数となり、このカウンター数にシャッターの耐久性や使用頻度等を加味して、オーバーホール時期の目安とするわけです。

軍艦部は極めてシンプル。水準器も標準搭載。

シャッターボタンは2カ所。巻き上げレバー中心部とレンズマウント部の脇にあります。

フードは組み込み式。フードを引き出すと、シャッターダイヤルと絞りダイヤルが姿を現します。

すべてが、プロ向け業務用としてのストイックな仕様。

集合写真はもちろんですが、風景写真やスナップでもそのレンズの実力を堪能できます。

同じ中判カメラでも、6×4.5/6×6/6×7判のカメラにはいくつかの選択肢がありますが、6×9判となると選択肢が極端に少なくなります。

さらに実用も考慮するとGW690シリーズが唯一の選択肢と言っても過言ではないかもしれません。

この機会に、ぜひ!

********************************

※価格、状態等についてはTELまたはメールでお問い合わせください。

※店頭販売済の場合はご容赦ください。

********************************

†銀座カツミ堂写真機店†

〒104-0061 東京都中央区銀座5-9-1

TEL:03-3571-0468 FAX:03-3575-4808

E-mail:katsumido@katsumido-camera.com