アサヒカメラ 2020年7月号〈最終号〉発売中です

アサヒカメラ 2020年7月号 CONTENTS                              

▶︎よい写真を撮るためのヒントは名画と名写真にあり!

構図は名作に学べ

解説・秋田麻早子(美術史研究家)                           ○序章「名作に裏に構図あり」                            ○第1章 画面の主役「フォーカルポイントをつかむ」                 ○第2章 視線誘導「名作はなぜ見る人の視線を放さないのか」             ○第3章 バランス「名作は常にバランスがいい」                   ○第4章 配色「脳にダイレクトに飛び込んでくる色」                 ○第5章 比例と配置「名作は比例と配置の上に成り立っている」            ○終章 「名画はなぜ名画なのか」                    ********************************************************************* ○構図を意識するためにカメラの機能を活用する 河田一規

**********************************************************************

▶写真家に学ぶ「自撮り」セルフポートレート

○知っておきたい、セルフポートレートの基本                     ○屋内で撮るセルフポートレート・女性編 大橋 愛                   ○家族ポートレートの新しい撮り方・セットアップ編 浅田政志             ○自撮りへの道は一日にして成らず。自意識の壁を突き抜けろ! 平間 至

********************************************************************* ▶︎向井康二(Snow Man) 巨匠と撮る白熱レッスン                   〈連載第4回〉オンライン特別版 セルフポートレート ×ハービー・山口

*********************************************************************

第5回 岩合光昭さんが審査する アサヒカメラ ネコ写真コンテスト 結果発表

********************************************************************* ▶あなたのレンズ、カメラは大丈夫?

カビ、クモリから機材を守れ!

*********************************************************************

▶写真の原点を楽しむ                                ○ピンホールカメラの魅力                              ○「湿板」の技法をいまに見る

********************************************************************

▶94年間ありがとうございました

私とアサヒカメラ

赤城耕一/大西みつぐ/鈴木理策/ハービー・山口/荒木経惟/北井一夫/土田ヒロミ/水越 武/石内 都/椎名 誠/中村征夫/宮嶋康彦/岩合光昭/篠山紀信/英 伸三/森山大道

********************************************************************** ▶︎通算734回

「ニューフェース診断室」を振り返る

○志村 努 20年間で最も強く感じるレンズ性能の進化                 ○川向秀和 解析を行い、新たな測定法を考案                     ○田沼武能 テストとはいえ、実戦で使わなければ診断はできない

                                            …ほか                                                                  

《定価998円 (税込み)》

                                                      

※1926年(大正15)年の創刊から現在までの94年もの長きに渡り、「日本最古の写真とカメラの総合誌」として 日本の写真/カメラ文化の一端を担ってきたアサヒカメラが、残念ながら、2020年7月号をもって休刊となります。                                          今後、カメラ・写真の情報は、朝日新聞出版のニュースサイト「AERA dot.」内で記事を配信し、増刊やムックに関しては引き続き刊行する予定とのことです。            

本当にありがとうございました!