日本カメラ博物館特別展『すごい!たのしい!ちょっとヘン?! ○○なカメラ大集合』開催中です

                                    

日本カメラ博物館では、2022年6月28日(火)から10月16日(日)まで、特別展『すごい!たのしい!ちょっとヘン?! ○○なカメラ大集合』を開催しています。

*******

カメラが実用化されてから約180年。その歴史のなかでは、後の製品に大きな影響を与えた革新的な技術を備えたカメラや、多くの台数が販売されブームを作ったカメラ、デザインが評価されたカメラなど、いわゆる“名機”や“ヒット商品”と呼ばれるカメラが数多く存在します。その一方で、既成の概念にとらわれない発想で作られた、変わった形状のカメラや、特殊な操作性のカメラ、新たな技術や分野に挑戦したものの普及には至らなかったカメラなども、また多く作られてきました。

カメラの進化は凄まじく、昔は撮れなかったものでも撮影できるようになったり、小型化が進み他の機器に組み込まれたり、デザインが洗練されてお洒落な形になったりと、ますます高性能で使いやすいものになっています。それは、カメラをより良い道具にしようと努力してきた挑戦の証なのです。

この特別展は、そのような独創的な機構やデザインをもつカメラ、歴史のなかで脚光を浴びたカメラ、そして埋もれがちなカメラにもスポットをあてた展示です。ものづくりへのチャレンジ精神から生み出された、「すごい」や「たのしい」、それから「ちょっと変」など、“〇〇(まるまる)なカメラ”と形容できるような特徴的なカメラの数々を紹介します。カメラを趣味とする方はもちろんのこと、興味はあるけれどあまり知識はないという初心者や、夏休みの子供たちにも楽しめる企画です。

日本カメラ博物館ホームページより引用

                                    

世界最初の市販品カメラ「ジルー ダゲレオタイプ (1839年)」、カメラに見えない時計型カメラ「ホートン チッカ (1908年)」、化粧ケースに入ったカメラ「コダック アンサンブル (1929年)」、スイスの有名な時計メーカー”ジャガー・ルクルト”が作った「コンパス」から、「コカコーラ 缶カメラ」、世界初のカメラ付き携帯電話「シャープ J-SH04」、超望遠レンズのカメラ「ニコン クールピクス P1000」まで、約380点のカメラを展示。

ものづくりへのチャレンジ精神から生み出された、ユニークで、すごい!たのしい!ちょっとヘン?!なカメラを思う存分堪能できる特別展となっています。

また、今回の特別展では、入場料割引キャンペーンを実施。

展示内容の詳細および割引キャンペーンの詳細は、日本カメラ博物館ホームページをご覧ください。

→日本カメラ博物館ホームページはこちら

                                    

*******

【開催期間】2022年6月28日(火)〜10月16日(日)              

【開館時間】10:00〜17:00                             

【休館日】毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日の火曜日)

【入館料】一般 300円、中学生以下無料、団体割引(10名以上)一般 200円

【所在地】〒102-0082 東京都千代田区一番町25番地 JCIIビル

【TEL】03-3263-7110

※新型コロナウイルスの対策につきまして:マスク着用、手指消毒、ご連絡先の記入(約1ヵ月保管後廃棄)、ソーシャルディスタンスの確保、 体験型展示の停止など、感染対策を実施しております。